最新の治療法で虫歯を治そう|歯科の治療は早期発見が大切

歯医者

型を取らずにできる詰め物

コンポジットレジンとは

デンタルクリニック

川崎区の歯科では軽い虫歯から重度の虫歯まで、いろいろな段階の虫歯の治療を行っています。初期の虫歯であれば、コンポジットレジンという詰め物を詰めるという方法で虫歯を治療することができます。コンポジットレジンは樹脂(プラスチック)製の詰め物です。そのため価格は安価で、川崎区の歯科でも健康保険の適用内で治療してもらうことができるので人気となっています。ただしコンポジットレジンは歯の噛む力の強い人には向かないこともあります。コンポジットレジンの原材料はプラスチックなので、あまり強い力がかかると割れてしまいやすいという性質を持っているのです。したがって噛む力の強い人や、過去にコンポジットレジンを使ったけれど割れてしまったというような人には別の方法が向いています。

ハイブリッドの利点

川崎区の歯科では、コンポジットレジンのほかにハイブリッドセラミックという素材の詰め物も治療のために用意しています。ハイブリッドセラミックのハイブリッドという意味は、プラスチックとセラミックの混合ということです。コンポジットレジンもハイブリッドセラミックも、型を取る必要はありません。セラミックは詰め物の素材としては高級で価格も高くなるので、セラミックを材料の一部として使うハイブリッドセラミックも通常のセラミックと同じように自由診療での詰め物となります。そのため価格は上がりますが、その分仕上がりはプラスチックのコンポジットレジンと比べてより自然で美しいとされています。また、耐久性も強くなっています。どちらがよいかについては川崎区の歯科でよく相談して決めるとよいでしょう。